効率のために営業支援を目的とした人材の採用を

営業活動終了後の事務作業が

営業活動終了後の事務作業が顧客へのアピールに繋がる営業支援を目的とした人材採用

営業職と言われると、大変なイメージが多い日本の企業ですが、それでもなお今は営業職の従業員が必要な時代に変わりありません。
しかし、営業職には精神的にも体力的にも大変なことが多く、企業としても営業手当をつけたり、上司や先輩からのきめ細やかなフォローを実施したりと様々な対策が講じられています。
しかし、もっと営業が営業らしく活動できるよう営業支援を目的とした人材を採用してみてはいかがでしょうか。
実際営業として働いたことがある従業員の悩みに、営業活動終了後の事務作業であったり、契約成立後の事務手続きであったりが一番大きな悩みがあると言われています。
営業活動をすればするほどその結果報告や次のアプローチに向けた見積もりや資料の準備が必要になりますし、契約が成立すれば契約書の発行や受注作業、納期に合わせたスケジュール調整などやる事が山積みです。
このような営業に対し、効率的かつ有意義な営業活動が出来るような従業員がいれば、空いた時間で営業活動を進めることができます。